肝臓がんの特性を知ろう|発症前の予防が肝心

アレルギーやじんましんも

医者

意外と多い診療対象

内科といえば思い浮かぶ病気は風邪やインフルエンザ、そして腹痛などであることが多いでしょう。ところが、城東区の内科では意外と多くの種類の症状を診てもらうことができます。その中には、「これは内科でいいのかな。別の診療科じゃないかな」と迷うようなものもありますが、城東区の内科ではそういった症状もきちんと見てくれるので安心して受診することができます。患者が迷うことの多い症状には、たとえば次のようなものがあります。むくみや肩こり、じんましん、アレルギー性鼻炎などです。肩こりなら内科というより城東区の整形外科がよいのではとか、アレルギー性鼻炎は耳鼻科だろうと考える人も多いと思われます。しかしこうした症状でも、城東区の内科を受診することができるのです。

神経や内臓とのかかわり

アレルギー性鼻炎やじんましんを城東区の内科で診てもらえるということは不思議に聞こえるかもしれません。しかし、アレルギー系の疾患というのは体の内部の働きによるところが大きいのです。花粉症などの場合には、花粉による刺激が神経を通って伝わり、延髄にある中枢や脳の中にある副交感神経中枢などが興奮することによって起こります。刺激物質であるアレルゲンに対して抗体がつくられすぎるために、結果として鼻水やくしゃみなどの症状が起きてくるのです。こうしたメカニズムに働きかける治療は、城東区の内科でも行っています。じんましんの場合も、お腹に入れた食品や内臓の病気が原因で起こることがあるので、城東区の内科で診療してもらうことができます。